介護 保険 法 施行 規則。 介護保険法の体系

ケアマネ必見! 知っておきたい介護保健法施行規則

が特定介護サービス 法第一項に規定する特定介護サービスをいう。 この場合において、当該第二号被保険者は、医療保険各法による被保険者証(日雇特例被保険者手帳(健康保険印紙をはり付けるべき余白があるものに限る。 したときは、十四日以内に、次に掲げる事項を記載した届書を、当該者に対し介護保険を行う市町村に提出しなければならない。

9
若しくは第二項各号」とあるのは「において準用する第一項各号 第八号については、当該指定に係る事業に関するものに限る。

介護保険法

22 施行• (介護保険法施行規則の一部改正に伴う経過措置) 第二条 第一条の規定による改正前の様式による介護保険被保険者証は、当分の間、同条の規定による改正後の介護保険法施行規則の様式によるものとみなす。 20 この法律において「地域密着型介護老人福祉施設」とは、第二十条の五に規定する特別養護老人ホーム(入所定員が二十九人以下であるものに限る。

17
)を算定するに当たっては、特別徴収(法第百三十一条に規定する特別徴収をいう。 この場合において、第二十二条の二十六第一項中「令第三条第一項第一号ロ」とあるのは「令第四条第一項第九号」と、同項第四号中「学則」とあるのは「運営規程」と、第二十二条の二十八中「令第三条第二項第二号イ」とあるのは「令第四条第二項第二号イ」と、「養成研修修了者 同条第一項第一号に規定する養成研修修了者をいう。

介護保険法施行規則

第二十八条の三 要介護被保険者又は居宅要支援被保険者は、法第四十一条第三項 法第四十二条の二第九項、法第四十八条第七項、法第五十三条第七項及び法第五十四条の二第九項において準用する場合を含む。 第二章 被保険者 (資格取得の届出等) 第二十三条 市町村(特別区を含む。 )における介護に係る計画等の作成に関し経験のある介護福祉士等 五 介護支援専門員に関する省令(平成十年厚生省令第五十三号)第一条第一項の介護支援専門員実務研修受講試験に合格した者であって、同項の介護支援専門員実務研修を修了していないもの (要介護認定等に関する経過措置) 第三条 この省令の施行の日から平成十二年九月三十日までの間に行う要介護認定又は要支援認定に係る要介護認定有効期間又は要支援認定有効期間の算定については、第三十八条第一項第二号又は第五十二条第一項第二号中「六月間(市町村が認定審査会の意見に基づき特に必要と認める場合にあっては、三月間から五月間までの範囲内で月を単位として市町村が定める期間)」とあるのは、「三月間から十二月間までの範囲内において月を単位として市町村が定める期間」とする。

)を既に購入しており、かつ、その購入について居宅介護福祉用具購入費又は居宅支援福祉用具購入費が支給されている場合については、支給しないものとする。

介護保険法施行規則 ー 厚生省令第36号 | 省令 | 3|法令・Q&A検索システム 全老健介護保険制度情報サービス

(施行法第十六条第一項の厚生労働省令で定める事項) 第百七十四条 第百四十五条の規定は、施行法第十六条第一項の厚生労働省令で定める事項について準用する。 第百七十八条 施行法第十六条第四項において準用する法第百三十八条第一項の厚生労働省令で定める場合は、災害その他の特別の事情が生じたことにより、当該特別徴収対象被保険者について特別徴収の方法により保険料を徴収することが適当でないと市町村が認めた場合とする。 この場合において、これらの規定中「要介護被保険者(法第四十一条第一項に規定する要介護被保険者をいう。

18 この法律において「介護予防支援」とは、居宅要支援者が第五十三条第一項に規定する指定介護予防サービス又は特例介護予防サービス費に係る介護予防サービス若しくはこれに相当するサービス、第五十四条の二第一項に規定する指定地域密着型介護予防サービス又は特例地域密着型介護予防サービス費に係る地域密着型介護予防サービス若しくはこれに相当するサービス及びその他の介護予防に資する保健医療サービス又は福祉サービス(以下この項において「指定介護予防サービス等」という。 をしている住所地特例対象施設 法第十三条第一項に規定する住所地特例対象施設をいう。

介護保険法

)を作成するとともに、当該介護予防サービス計画に基づく指定介護予防サービス等の提供が確保されるよう、第五十三条第一項に規定する指定介護予防サービス事業者、第五十四条の二第一項に規定する指定地域密着型介護予防サービス事業者その他の者との連絡調整その他の便宜の提供を行うことをいい、「介護予防支援事業」とは、介護予防支援を行う事業をいう。 以下同じ。 並びに当該居宅要介護者又はその家族等に対する居宅サービスを利用する上での留意点、介護方法等についての指導及び助言とする。

19
R01. 一 法第百三十四条第一項の規定による通知に係る者(以下「通知対象者」という。 二 居宅療養管理指導、痴呆対応型共同生活介護及び特定施設入所者生活介護(有料老人ホームに係るものを除く。

介護保険法

一 施設の名称及び開設の場所 二 開設者の名称及び主たる事務所の所在地並びに代表者の氏名及び住所 三 開設の予定年月日 四 開設者の定款、寄附行為等及びその登記簿の謄本又は条例等 五 敷地の面積及び平面図並びに敷地周囲の見取図 六 併設する施設がある場合にあっては、当該併設する施設の概要 七 建物の構造概要及び平面図(各室の用途を明示するものとする。 )の名称及び所在地 二 申請者の名称及び主たる事務所の所在地並びにその代表者の氏名及び住所 三 当該申請に係る事業の開始の予定年月日 四 申請者の定款、寄附行為等及びその登記簿の謄本又は条例等 五 事業所(当該事業所の所在地以外の場所に当該申請に係る事業の一部を行う施設を有するときは、当該施設を含む。

10
以下同じ。 )第七条第一項の厚生労働省令で定める期間は、六月間とする。